三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
ELGIN 黒色反転文字盤

メーカー:ELGIN
1910年 アメリカ製 15石
14k G.F.
オープンケース
リューズ捲き リューズ引き時合わせ
表・裏蓋ねじ込み式



 エルジン社の15石14KG.F.オープンケース懐中です。製造年は1910年(時計史年表:明治43年)のものになります。

 ご覧の様にリューズが9時位置、スモセコが12時位置に付いています。普通スモセコのある6時位置には「ELGIN U.S.A.」と標記があります。黒文字盤に白のアラビア時表示はくっきりと文字を浮かび上がらせ、これ以上ない程視認性が高いです。

 あまり見慣れない文字盤とリューズのこの配置は、白文字のくっきり感と相まって、物凄く斬新な感覚を覚えます。25年保証G.F.の深い金色と同系色の装飾針は統一感があり、見た目の印象に緊張感を持たせてビシッと締めています。

 機械やケースは従来のまま、文字盤の表示を上下逆さまにして長短針を付け直せばこの配置になるのですが、このリューズの位置はいかんせん右利きには使いにくいのです。おそらくは単純に「左利き用としての懐中」という意図があったのではないか?と推測しております。


■ 外観 ■

左利き用?斬新かつ妙な緊張感のある面構え。

裏蓋。装飾に減りはあるが深い金色が素晴らしい。

裏蓋オープン。

14kG.F.表示。

ELGIN NATL, WATCH Co.。

15 JEWELS。

U.S.A. がここにも。

SAFETY PINION。

 機械全景。15石の梨地プレートのオーソドックスな機械ですが、ネジ止めゴールドシャトン、チラネジ付バイメタル巻き上げヒゲ切りテンプと基本性能はしっかりしています。 

 洗浄・組立 ■

ケース一体型のリューズは固め。そのせいか若干黒いゴミが。

リングバネで裏面から押さえるタイプのリューズ回り部品。

リューズ真とツヅミ車・キチ車。

分解中。

ケースのリューズ部分からかなりの黒粉が。

ホコリや塵は濃い緑の粉になって出てきます。

ガラス風防が外れていました。

接着中

プレートに香箱を乗せ、

2・3・4番車、押さえを取付けザラ回り確認。

アンクルを、

取付け。

テンプ組立て、

取付け。元気良く動き出しました!

文字盤側に

筒カナ・日ノ裏車・針座(三角ワッシャ)を設置。

文字盤。上下逆表示の文字盤だと解りますね。

ケースイン。

秒針に若干の歪みがあります

修正しました。

 

(2012.H24.8.13)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍
 
OH