三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
HAMILTON 972 Montgomely Dial
Display Back Swingout Case
メーカー:HAMILTON
1914年 アメリカ製 17石
STERLING or METAL
オープンケース
リューズ押捲き リューズ引き時合わせ
表蓋ねじ込み式 中・裏蓋なし



 ハミルトン社の17石グレード972オープンケース懐中です。製造年は1914年(時計史年表:大正3年)のものになります。

 ハミルトン社は多石使いのハイグレード仕様公認鉄道時計モデルを多数生産しています。
  19石の 996 952
  21石の 940(三銘堂ページ) 946 947 992 992B 990
  23石の 950 950B などなど。

 また他のモデルにも同等の技術と仕上げが使われていて、このグレード972 もその一つです。17石ながらチラネジ付バイメタル巻上ヒゲ切りテンプダブルローラー仕様、スワンネック微調整緩急針、ネジ止めゴールドシャトン(金枠)、5ポイントアジャスト、そして機械上には幾種もの幾何学模様(ダマスキン)処理が施されています。

 さらにこの個体のケースは裏スケルトンのディスプレイ仕様になっているので、機械の稼働している様子を何時でも堪能する事が出来ます。材質は表示が無いため不明ですが、スターリングシルバーか、もしくはMETAL製かなと思います。直径 52mm 重量 97g と、見た目の明るい印象に反して掌にずしっと手応えがあります。

 表蓋を外して機械を上げるスイングアウトケースになっており、巻き上げる際もリューズを押し込みながら行う仕様になっています。スイングアウトケースの利点は防塵性と堅牢性に優れている点ですが、取り扱いに関してはちょっと注意が必要です。一見すると指の爪でも簡単に引き出せそうなのですが、それだと滑って指が秒針に当たり、双方に大ダメージを被ります(過去に経験済み)ので、コジアケやドライバーの使用を強くオススメします。

 文字盤は、白セトに黒く太字のアラビア時表示と太目の長短針と秒針、さらに外周に分表示のあるモンゴメリーダイヤルを採用しており、視認性もこの上なく高いものになっています。

 またこの機械には、ケースから取り出した状態でも巻き上げと針合わせの切り替えが出来る仕掛けがあり、これによってメンテナンスが格段にしやすくなっています(後述:シリアルNo近くにある黒いマイナスネジです)。



■ 外観 ■

これ以上ない程の視認性を持つモンゴメリーダイヤルです。

ディスプレイバックと呼ばれる裏スケルトン。美しいハミルトンの機械を何時でも観察できます。

表蓋オープン。ねじ込み式です。

リューズを引いて、

6時位置の窪みを利用して(指の爪ではなく、必ずコジアケやマイナスドライバーを使います

機械を引き出します。


 機械全景。ハミルトンの機械は各パーツの品位の高さ、その配置、そしてダマスキン模様とのバランスが絶妙で、光による反射変化も加わりその眺望はいくら見つめていても飽きがきません。 

別角度から。明るく眩しい感じ。


直反射で撮ると奥行きが出ます。デジカメならではの色合いに見蕩れてしまいます。

刻印にも影が差して文字が浮き出します。

グレード972、ダブルローラー表示。

ADJUSTED 5 POSITIONS 1033096

文字盤側。1896年5月5日のパテント表示。

 洗浄・組立 ■

分解中。

洗浄中。各パーツはとても綺麗です。

と思いましたが、結構汚れが出ました。


ディスプレイ部のガラスを外して磨き、接着します。眺望をさらにクリアーに!

非常に状態の良い各部品。ツヅミ車回りと香箱、2・3・4番車。

押さえのネジ穴に凸が付けられ安定度UP。そしてこの部品は何ぞ?これが例の仕掛けです。

この爪がプレートの窪みにはまり、ドライバーでのポジション切り替えを可能にします。

押さえを取付けます。爪の位置に注意しないとうまく嵌りません。

丸穴・角穴車を取付け。

丸穴車の2つのネジ。彫り模様も可愛い。

4番・ガンギ車押さえにも凹があります。

ネジ緩みによる影響が出にくくなっています。
先ほどのポジション切り替えネジです。ネジの溝をタテ位置にすると、

裏ではツヅミ車が下がります。時間合わせのポジションです。

溝を水平に合わせると、


ツヅミ車が上がってネジ巻き上げのポジションになります。

メンテのしやすい仕掛けですね。

ザラ回りを確認。

アンクルを

取付けます。

テンプ下の穴石セットを

取付けます。

テンプ部品を

組立てます。

ダブルローラー部分を拡大。

テンプを取付け。元気良く動き出しました!

文字盤側地盤にもこの模様!

文字盤取付け。10時方向に薄いクラック。

針を取付け、

ケースインです!

 モンゴメリーダイヤルも裏スケルトンも大好きですので、機会があればこれからも取り上げたいと思います。
■ サイズ・重量 ■

巾 52.79 o

重さ 97.8 g

■ 追加画像 ダイヤル・裏スケ ■

(2012.H24.8.19)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍
 
OH