三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
■ ELGIN 18k ハンターケース 1885 ■

メーカー:エルジン
アメリカ 1885年製
11石 18K Solid Gold
リューズ巻上 剣引き時合わせ
表中裏蓋共蝶番式



 エルジンの18金無垢ハンターケース懐中です。1885年(時計史年表:明治18年)製と120年以上も前の物で、文字盤も細身ローマ時表示に細身スペード針と、クラシックでシンプルこの上ないものになっています。

 ガラス枠は上蓋ラッチとレバーセットの間に切れ込みが空いており、恐らく長い使用の間に破損か紛失などがあり、別途あてがわれたものかと推測します。周囲にもケースとの間に隙間がある様に見えますが、この状態でしっかり嵌っています。懐中時計は実用品ですのでガラス風防や針、ケース、提げ輪、リューズなど外装部品を交換しながら継続使用される事もあり、それだけ愛着を持たれ大事に使われてきた品物という事がわかります。

 この時計の特徴は何と言ってもこのハンターケースです。当時の職人の手作業によるものであろう凝りに凝った装飾彫りと上品な意匠の黒エナメル彩色が施され、18金無垢の深みある輝きと相まって重厚さをも兼ね備えた素晴らしいものになっています。


裏蓋方向から拡大。


 表蓋。イニシャル用の窓があります。未記入。

 非常にシンプルな文字盤。

 表蓋の裏はプレーンです。

 裏蓋側。イニシャル用の窓はありません。

 裏蓋を開ける。

献辞が彫ってあります。1986.3.25でしょうか。

裏蓋内側 W.P.&H WARRANTED 18K 。

 その下に 2025 。

中蓋を開ける 。

 中蓋内側 2025 。

 機械の表示。 Elgin Nat'l. Watch Co. 。

 Patent Pinion. 1881371 。



機械全景。落ち着いた梨地仕上げの1枚プレート仕様です。2・3・4・ガンギ車までを
押さえています。テンプは振り幅も大きく力強い稼働を保っており歩度も正確で、120年の
歳月を全く感じさせません。リューズの巻き上げは非常に軽く、「カリカリ」と乾いた独特の
手応えが心地よく感じられます。


■標記■
文字盤 ELGIN

ムーブメント Elgin
Nat'l. Watch Co.
Patent Pinion.
1881371
1881371

 
裏蓋内側 W.P.&H
WARRANTED
18K
2025

中蓋 Ella Knapp
Mar, 25th '86.

中蓋内側 2025



 文字盤を外す。

1881371 。テンプ伏石には目印の2つ疵。

 左が香箱、右が筒カナへの歯車。

 香箱蓋内側に No.。

 分解中。

 洗浄中。古い物なので念入りに。


ケース全景。両方の蓋を開いて見ると迫力すら感じられます。


 テンプ部品を、

 組立。平ヒゲチラネジ付バイメタル切りテンプ。

 角穴車は香箱の裏にあります。古い懐中によく見られる仕様です。

 側面の小穴からコハゼを押してラッチを寄せて、香箱を入れます。

 2・3・4・ガンギ車・リューズ部品を入れます。

 各ホゾを注意深く入れながら押さえを取り付け。

レバーセット。通常時はこの様に左側が香箱に接しています。


レバーを引くと香箱との接続が外れ、隠れている歯車がせり上がってきて筒カナへの歯車に接続します。

 リューズでザラ回りを確認。回っています。


バランサー付のアンクル。これがある事で正対位置にある剣先の強い弾きが期待出来ます。

 アンクル取り付け。

 テンプ取り付け。元気良く稼働を始めました!

 日ノ裏車、筒車、針座を置いて、

ケースに入れ文字盤・針を取付。風防を取付。



 直径 42.58 mm 。

 重量 75.3 g。重量感があります。

 文字盤のクラシックなELGINロゴマーク。薄青いヘアラインが見えます。

 提げ輪も丈夫に出来ています。丸いリューズ頭は指当たりが柔らかく感じます。

ケース画像


 表蓋

 裏蓋

 表蓋アップ

 裏蓋アップ

 模様拡大

 別位置拡大

反射角度によって濃く深みのある色から明るく華やかな色まで巾のある黄金色の変化が現れます。
それはこの絨毯を敷き詰めた様な複雑な地の彫金模様に起因するところが大きいと思います。一見
複雑に見えるこの模様も拡大してよく見ると丸い真綿の様な渦巻柄が連続して敷き詰められて
いる事がわかります。これは側面のコインエッジとともに手のひらや指との間に独特の接触感
を生み、また適度な摩擦もあるので滑落による破損防止にも役立っています。
ケースの素晴らしさ、
機械の正確さ、手応えの心地よさ、120年の歳月と、満足度の高い懐中時計と言えます。
懐中時計は実用品とはいえこれは普段使いにするにはちょっと気が張るかもしれません。



追記:厚みは13.58mmあります。

(2007.H19.12.17)



三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍