三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
TAVANNES 象嵌 銀ハンター ■

メーカー:タバン
スイス製 1925年?
15石 0.900銀
リューズ巻上 リューズ引き時合わせ
表中裏蓋共蝶番式



 タバンの15石900銀無垢ハンターケース懐中です。恐らく1925年前後製(時計史年表:大正14年)のものと思います(#ナンバーで調査中・資料求ム)。前回のタバンはケース・機械・表記とも状態が良く問い合わせも数件いただきましたが、今回もケースに見事な象嵌(一つの素材に異なる素材を埋め込む技法)が施されています。

 時計は不動だったのですが機械自体はかなり良い状態を保っていました。恐らく不動になってからずっと保管されていたのではないかと思います。分解洗浄するとゴミや破片が出てきましたので、これも不動の一因かと思います。注油と慣らし・若干の調整によって安定感のある稼働を再開してくれました。

 ケースの方もくすんでいて年代相応の状態だったのですが、錆落としに洗浄磨きを行いますと見事な光沢が蘇りました。全体的に滑らかな光沢を帯び漆黒の地に黄銅色の草蔓柄が浮かび上がっています。濡れた様な透明感のある強い漆黒色は独特で、不思議な質感を持っています。

 黒く反射して映り込みも強いので撮影が難しく、ピンと露出が決まらずにぼやっとしたねむい画像ばかりになります。光源を試行錯誤して何とか見た目に近い画像が撮れました。


 表蓋側のbefore状態。表面がくすんでいて白っぽい。その分撮影も楽でした。

 磨いた後。見事な漆黒と光沢が現れました。透明感もあり独特の質感があります。

同じく裏蓋側。画像でも違いがわかると思います。

実物での変化は劇的でした。

表蓋オープン。オーソドックスな文字盤です。

 表蓋内側。タバンといえば犬印。

 表記が多いのも魅力。「NIEL FF 0.900 TRUSTY PLAQUE OR SUR ARGENT 181」

 上部アップ。900と銀無垢のホールマーク。


 裏蓋内側表記。

 表蓋とは下部のNoだけ違う。

これも表と同じ。

 犬印アップ。見事な犬印です。

 下部のNo「517181」。


 中蓋。メダル柄と「TAVANNES WATCH Co. SCHWOB FRERES & Co.」

 中蓋オープン。

 簡潔な標記。

 面・裏と同じマーク。

 900銀マークとNo。


 機械全景。前回のタバンは1プレートでしたがこれはガンギ車・4番車・3番車が分かれています。各押さえには独特な意匠の模様が入っていてネジ留めシャトンとブレゲヒゲを持つ明るく豪奢な15石機械です。このタイプの年代の懐中にありがちなくたびれた印象はあまり感じられずテンプにも勢いがあります。やはり不動になってからずっと保管されていたためかもしれません。


■標記■
文字盤 TAVANNES WATCH Co.

ムーブメント 2698403
TAVANNES WATCH Co.
Adjusted
15Jewels

裏蓋内側 NIEL
FF
0.900
TRUSTY
 PLAQUE OR
SUR ARGENT
 181


 
中蓋内側 NIEL
FF
0.900
 517181


裏蓋内側 NIEL
FF
0.900
TRUSTY
 PLAQUE OR
SUR ARGENT
 517181




 OH前の汚れ。リューズ頭にラッチボタン。

 同じく面蓋の蝶番。しっかりとしています。

 文字盤を外す。針座(ワッシャ)付。

 丸穴車側の歯車。緑色はグリス?錆と油カス。

 両方とも角穴でした。

 時合わせ機構。コンパクトにまとめられています。

 日ノ裏輪列のカバー。

 輪列はカバー下に1列に配置。

 分解中。

 洗浄。

 洗浄後の丸穴車歯車。綺麗になりました。

 地板の文字盤側。

 テンプ穴石まわりも状態が良いです。

 伏石取り付け。

 プレートを挟んで丸穴車と歯車を取り付け。


3番車の地板穴石が無いかわりに2番車の押さえ穴石が使われています。

香箱・2・3・4番車を設置。

 押さえを取り付け、

 角穴車を取り付け。

 3番・4番・ガンギ車と押さえを取り付け

 文字盤側へ


 キチ車・ツヅミ車と日ノ裏輪列・筒カナ・押さえを取り付け。

 アンクル部品を

 取り付け。

 テンプ部品を組み立て。

 ダブルローラー仕様です。

 チラネジ付き巻き揚げヒゲ。バイメタルや切り込み仕様ではありません。

 テンプ部品設置。元気良く動き出しました!

 筒車・針座を置いて

 文字盤取り付け。

 ケースに入れて針・風防取り付け。


 洗浄時に機械から出た破片の1つ。外部から混入した物と思います。

大きく重量感のあるタバン象嵌銀無垢ハンター。高級仕様で状態の良い機械、
そして何といってもケースの細工に目を惹かれる懐中時計です。


機械の各表記アップ

 「TAVANNES WATCH Co.」

 「2698403」

 「Adjusted 15 Jewels」

文字盤側にも「2698403」

リューズ頭のボタンを押すとパカンと開きます。

側面にも象嵌が施されています。

相応に剥がれているヶ所もあります。角部分は痛みがあります。

 小さな欠けもあります。露出が惑わされるとこの様な色に写ってしまいます。

所々に彫った様な溝があり、柄を立体的に見せています。

当時の物と思われる懐中用の編紐付属です。程良い使用感があります。洗浄済。

編紐を提輪に掛けます。

この状態でベルトに掛けてポケットへ。

 この様な細工の入ったケースは図版などでしか見たことがなかったので手に
した時は感動しました。またしっかりと動いてくれたのも嬉しかったです。


 直径 46.7 mm。

 重量 72.3 g。



(2008.H20.03.18)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍