三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
レッツ商会 商館時計

メーカー:レッツ商会
スイス製 1895年?
10石 .800銀ケース
リューズ捲き ダボ押し時合わせ
表裏蓋蝶番式 中蓋ガラス枠嵌め込み



 レッツ商会(F.Retz&Co.)の商館時計です。1895年(時計史年表:明治28年)前後?製かと思われます。以前扱った商館時計(コロンメーカー不詳)は2つともシリンダー式でしたが、これはアンクル式です。レッツ商会のマークがケースと機械に入っています。

 白地瀬戸文字盤に細くローマ時表示、周囲に1分毎のドットと5分毎のローマ表示。長短針は金色細身矢印のデザインで揃っていて装飾石も残っています。提げ輪には組紐がリューズに絡まるのを防ぐ為の鍔(つば)が2箇所ついています。


■外観・刻印■

 提げ輪には鍔(つば)が2箇所ついています。

 裏蓋側。摩耗によって薄くなっています。

 リューズを押すと表蓋が開きます。バネや蝶番も若干ゆるめです。

 右向き鳥刻印はSilver.800マーク。さらに四角枠での0.800マーク。

 レッツ商会独特のトンボ?カゲロウ?に三日月?マーク。他に大きな羽を広げた蝶(蛾)?のマークもある。左のネコ?顔刻印はAssay Officeマーク、左の横向きライオン刻印はSilverマーク。

 レッツ商会 51363 6 。王冠13 マークはレッツ商館の時計によく見られます。スイスのケースメーカーのマーク?と思われます。



 機械全景。中蓋ではなくガラス張りになっているのも商館時計の特徴です。稼働している様子を見たいという探求心を満足させるための日本人向けの仕様であるとの説もあります。ホコリを気にせずガラス越しに見える機械は大変綺麗であり満足感も高いのですが、緩急針調整のたびにガラス枠を脱着せねばならず、その際薄いハンター用のガラスが割れたり外れたりする事も多いです。平置きで1分程度に収まってからガラス枠を嵌めました。

 商館時計は実用品でもある為に多少の使用感があり、ガラスの割れ欠けや針の不揃い、文字盤にヒビのあるもの等が多く見られます。この個体もケースは年代なりの痛みがあり裏蓋蝶番も緩めです。文字盤の9時〜4時他にヒビがあります。 


 機械にはケースと同じレッツ商会のトンボマークが刻印されています。商館毎にマークが違うので比べてみるのも楽しみの一つです。


■標記■
文字盤 特に無し

ムーブメント +DEPOSE
51363
5
63
8757

 
裏蓋 0.800
レッツ商会
51363
6



分解・洗浄・修理■

中蓋のガラスはシール痕とカビで汚れクスミが強く出ていました。

 大きいサイズですがハンター用のストックがありましたので交換します。

 リューズ真の留めネジ。サビが強いので磨き・錆落とし・錆止めを施します。


 裏蓋は接着されたあとのボンドの様な樹脂が周囲に多く残っていました。色が残らない様に磨いて取り除き透明な樹脂で補強しました。

 文字盤下の時合わせ装置。カンヌキバネに弾性の強いハリガネが使われています。

 分解後。


 洗浄中。奥のビンではケースを丸ごとベンジン一夜漬けして洗います。

 ガラス風防も取れかけていたので、一旦外してつけ直します。

■組み立て■

 地板にキチ車ツヅミ車、香箱を乗せて

 押さえを取り付け。

 丸穴車・角穴車を取り付け。

 3・4番車を置いて

 押さえを取り付け。

 ザラ回りを確認。回っています!

 地板側のテンプ受石を

 取り付け。

 アンクルには大きなバランサーが付いています。

 アンクル取り付け。

 テンプ部品を組み立て。

 平ヒゲ。切れ目のない環状テンプです。

 テンプ取り付け。元気に動き出しました!

 筒車を設置。

 文字盤取り付け。

 ケースに入れて針を取り付け。

 51363 5

 63

 8757

 +DEPOSE

 明治初期頃より日本の居留地で貿易を行っていた外国の商社(当時は商館と呼称)によって輸入され、その商館のマークが刻印された時計を称して商館時計といいます。初期の物は大型でシンプルだったのですが、日本人の嗜好を反映して小型化されケースや機械に標記やマークが入れられ、ガラス中蓋も採用されました。時計は主にスイスから輸入され、国内時計生産が普及するまで扱われていました。商館は他にコロン、ヲロスヂーバアク、ブルウル、ファブルブラント、シュミッド、シュオーブ等があります。


ケース2時位置に凹みがあります

ガラス5時位置にキズ

 直径 54.1 mm。

 重量 104.4 g。


 長短針の飾り石

(2008.H20.04.19)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍