三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
K038-140
セス・トーマス チェーン付属




SETH THOMAS

メーカー:セストーマス
アメリカ製 1887年
11石 COIN SILVER
リューズ捲き 剣引き時合わせ
表裏中蓋蝶番式



 セストーマスの懐中です。1887年(時計史年表:明治20年)製。セストーマスは1883年クロック製造の会社として設立され、さらに 1885-1914 にかけてほぼ30年間懐中時計を製造していました。この個体はその中でも3年目に当たる5桁のシリアルナンバーを持つごく初期のものになります。

 白地瀬戸文字盤に細字体のローマ時表示、周囲に1分毎の格子ラインで長短針はブルースチール細身スペード針です。クラシックで繊細なデザインの文字盤とは逆に、ケースはコインシルバー(900)製で大型肉厚、重量もありガラスも厚く、蝶番も提輪も頑丈に出来ています。


■外観・刻印■

 提輪・リューズともしっかりとした造りです。開蓋用のツバが2時10時位置にあります。

 風防を開く。2時位置に時合わせ用の剣引きレバーがあります。切り込みの端にある為若干引き出しにくい?

 裏側。戦時中の水筒みたいです。

 蝶番が5時7時位置に振り分けられています。

 裏蓋オープン。中蓋はプレーン。

 裏蓋内側。 KEYSTONE LEADER COIN 404599。コインシルバー=900銀?

 中蓋オープン。

 中蓋内側。 @ 404599 8

 機械全景。分厚い3/4プレート1枚で全輪列を留めています。止めネジにはブルースチールネジが使われています。テンプも安定にて振れています。割と目立つ場所に大きなキズが1本見えるのが少々残念なところです。


 当機のシリアルは 27657 なんと5桁!懐中生産3年目のナンバーです。 SAFETY PINION Teth Thomas THOMASTON, CONN. (コネチカット州?)


■標記■
文字盤 TETH THOMAS

ムーブメント 27657
SAFETY PINION
Teth Thomas
THOMASTON, CONN.
27657
ケース枠 4599

 
裏蓋 KEYSTONE
LEADER
COIN
404599

中蓋 @
404599
8




分解・洗浄■

分解後。各部品は大きく丈夫です。

 洗浄。汚れの少ない状態でした。

■組み立て■

 キチ車にあたる部品を乗せて

 押さえを取り付け。

 香箱と2〜ガンギ車、アンクルまで設置。

 全てを1枚のプレートで留めます。

 文字盤側に

 角穴車、コハゼを設置。

 筒カナと日ノ裏車、丸穴車と左右の中間車、レバーを設置して

 ネジ止めします。角穴車の押さえも取り付け。


 セット切り替えバネを設置。この様な押さえの厚みを利用したバネの止め方には注意が必要です。

滅多に見ない仕様なので、分解する時にうっかりトバしてしまうからです。

 レバーセット機構の全体図。


 アンクル部品。長い剣足と大きな三日月型のバランサーが特徴です。

 テンプ部品。スワンネック緩急針。

 平ヒゲチラネジ付きバイメタル切りテンプ。

 テンプを取り付け。元気に動き出しました!



 テンプ-アンクル-ガンギの並び。剣先に振石が当たり、ドテピンの間で剣足が振れ、ガンギ歯車の下で三日月バランサーが振れています。

 筒車と針座(ワッシャ)を設置。

 文字盤を取り付け。

 ケースへ入れて

 針を取り付け。


 文字盤側。 27657


 ケース枠。 4599


 文字盤 TETH THOMAS


 裏蓋にヘコミがあります。

 セストーマスの銘の入った置時計や掛時計は日本にも輸入されていましたので今でも地方の旧家などで使われているかもしれません。懐中時計としては30年の製造期間がありますが 1914(第一次大戦の頃)に生産終了しており数も少ないと思われます。


 直径 56.86 mm。

 重量 162.6 g。



(2008.H20.04.19)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍