三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
銀無垢 A.One 方位磁石チェーン・BOX付 ■

メーカー: A.One ?
スイス製? 1910年?
10石 800銀ケース
リューズ捲き リューズ引き時合わせ
表蓋嵌め込み式 裏中蓋蝶番式



 A.One と表記のある銀無垢懐中時計です。製造国や年代は不明ですが、恐らく機械はスイス製、ケースその他付属品は日本製、年代は1910年(時計史年表:明治43年)前後?かと思われます。直径は41mm、リューズ引き時合わせです。

 白瀬戸文字盤に黒アラビア文字&スペード針というオーソドックスな外観です。文字盤と裏蓋内側に「A.One」の表記があります。800銀ケースも年代なりの渋さがありナナコ模様の減りも軽微です。機械全体もしっかりしており稼動も順調です。ケースの蝶番の緩みもありません。

 一つ残念な箇所として、提輪の受け部分が磨耗し奥まで入り込んでいる様で、リューズを巻く時に真に触る感触があります。これは提輪を前か後ろに倒して巻くと接触感は和らぎます。

 チェーンと方位磁石のFOBは銀製かと思いますが標記がない為不明です。BOXはこの年代の物にしては珍しく蝶番とフックはしっかりしています。さすがに布部分はホツレが目立ちます。


■外観・刻印■

 オーソドックスな文字盤。秒針に若干錆が残っています。

 800銀ケースのナナコ模様はほぼ完全。蝶番もしっかりしています。

 リューズ真に接触している提輪が惜しいところ。或いは交換品かもしれません。

 ケース側面にもエッジが刻まれています。


付属品 方位針と箱■

 方位磁石FOBの裏蓋。何か刻印らしき跡がありますが…

 磨耗が激しく解読不能です。形から銀のホールマークか?と思います。

 FOB表蓋側はプレーン。

 チェーンリング側の辺をツメで開けます。

 蓋の裏は布張!です。感触では絹織物の様ですが、これも当時の物でしょう。貴重?


 この様な方位針のFOBは良く見かけますが、あくまで飾りとしての意味合いが強いものです。これは若干歪んでいますが一応北を指します。

 チェーンの留め輪に刻印。

 これも磨耗が激しい。アルファベットのRAM?

 BOXは縦長の蝶番式。内布張です。


 時計・チェーン・FOB用の窪みが分けて造られています。手が掛かっています。

 布はさすがに破れホツレがありますが、廃棄などせずそのまま残されているのが嬉しいです。

 BOX蓋の内側。こちらもクッション布張でWatchと表記されています。懐中時計専用のBOXです。

 ケース外側も布張りです。ホコリが目立ちます。

 フックは完全できちんと機能しています。

 BOX外観。ホコリは紙ガムテープなどで取った方がいいですね…。

 蝶番もしっかり残っています。


 時計裏蓋オープン。蝶番式です。


 A.One の水引きの様なロゴマークが面白いです。S 0.800 銀ホールマーク 253435 。

 中蓋ダストカバーの刻印。コイン?と小枝模様。

 中蓋オープン。

 中蓋内側の中心部分に METAL 。

 中蓋内側の下部分 253 。

 機械全景。シリアルナンバーやメーカー名等の刻印はありませんが見せ石も大きく波模様の装飾が施され、それなりに手間が掛けられています。ケース枠左側に銀の刻印が見えます。機械的には一般庶民向けの様ですが当時では時計は高級品であり、 チェーン、FOB、BOXとセットで残っていますので相当大切に使われてきた懐中ではないか、と思います。

■標記■
文字盤 A.One

機械 特に無し

 
裏蓋内側 S 0.800
A.One
銀ホールマーク
253435


中蓋内側 METAL
253



分解・洗浄■

分解直後。細かい繊維屑の様なホコリが一面に。

 指で拭くだけで角穴車も綺麗に。

文字盤を外す。

押さえのネジ長が違えてあります。

分解後。

洗浄。汚れの激しい部品は右のビンで予備洗い。

磁石を留めている接着剤にサビが。

洗浄して磨きます。布張りも外す。

■組み立て■

 香箱・2番車、キチ車・ツヅミ車を設置。

 押さえを取り付け。

 角穴・丸穴車を取り付け。


こういった模様は輸入後に国内で日本人向けに彫られたものではないか?と思います。

 3・4・ガンギ車を設置。

 配置のアップ。

 押さえを取り付け。

 ザラ回し。回っています。

時合わせ装置。通常の状態。ネジ巻き位置。左にある先丸の部品はカンヌキとオシドリを押さえる働きをしています。

リューズを引いた時合わせ位置。カンヌキが下がってツヅミ車が小鉄車に接続します。


 プレート側のテンプ受け石を

 取り付け。ネジ1本のタイプです。

 アンクル部品。2ネジ留め。

取り付けます。

 テンプ部品を

 組み立て。ダブルローラー仕様?

テンプ取り付け。元気良く動き始めました!

 ネジを巻込むと一層力強く稼動していきます。

プレート文字盤側 253485 。

 同じく 85 。

 日ノ裏車、筒車を設置。

 文字盤取り付け。

 針を取り付け。

 風防取り付け。

 A.One 表記の横にキズ。ちょっと目立ちます。

 リューズネック部に銀刻印マーク。


 この様なセット品は普段使いというよりコレクション品としてなるべくオリジナルの形のまま残っていって欲しいと思います。


 直径 41.24 mm。

 重量 41.2 g。

 チェーン長さ 約 30 cm。

 チェーン重量 12.5 g。



(2008.H20.09.11)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍