三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
Waltham Square 14k WGF ■

メーカー:ウオルサム
1914年 アメリカ製 15石
14k WGF オープンケース
リューズ捲き リューズ引き時合わせ
表裏蓋ハメコミ式



 ウオルサム社の 14k W.G.F スクエアケースです。シリアルNo.19378648 は 1914年時計史年表:大正3年)製です。

 白瀬戸文字盤に細身黒のスペード針に黒アラビア時表示、分は外周にドット表示、さらに5秒毎に赤アラビア表示されています。この様に分表示のドット上での分針位置が分かり易いと時間が読み易く視認性に優れ、見た目もすっきりします。

 白く明るい懐中です。実物を見ると特にそう思います。ケースのホワイトゴールドフィルドが効いています。しかも四角ケースなので、四隅が角張っている分余計に白さが際だちます。あまりに白いので、デジカメでは黒い微粒子が入ってしまいます。

 15石で当時の高級仕様、14k WGF のスクエアケース、透明感の際立つ外見といい、魅力的な懐中です。


■ 外観 ■

この白さと透明感は実物の見た目に近いです。


リューズに若干浮きがあります。捲く時にスリップがある時は押し気味に捲きます

裏蓋。四隅の意匠もいいですね

表側の角の模様。

裏蓋をコジアケでパカンと開ける

蓋の凹とケースの凸を合わせて閉めます


 機械全景。実にウオルサムらしいムーブメントです。プレート全面に目が眩むような装飾がうるさいくらい施され、角度による反射変化で色んな見え方が楽しめます。丸穴・角穴車は錆が少なく綺麗な状態を保っています。プレート下の全面模様もかなり眩しいです。年代の割には状態が非常に良いです。


 刻印 ■

14k GF の表示

蓋のNo。「D1973」はOH歴でしょうか

AWWCo と ウオルサムの刻印

文字盤側 「378648」

 洗浄・組立 ■

分解後

洗浄中

ケースと文字盤の状態も良い

プレートのこの下処理も凝ってます

香箱・輪列を乗せ押さえを取付け

丸穴車・角穴車を取付け

ザラ回し

アンクル部品を取付け

テンプ各部品を

組立て

取付け。元気に動き出しました!

日ノ裏車、筒車、針座を設置

文字盤を取付け

秒針・短針・長針を取付け

この画像もナゼか全体的に粒子が出てます。ホワイトバランスのせいかな。
 
一番上の左画像(↓)は実視に近い白に写ってます。


比較してみるとやはり違います。


■ サイズ・重量 ■

巾 43.06 o 16s

重さ 58.3 g

訂正:(このページをアップした当初はナンバーの最後の数字が見えず
1883年と表記してしまいましたが間違いでした、すみません)

(2010.H22.06.16)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍
 
OH