三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
COMET ガンメタル金彩 ■

メーカー:COMET ?
1890年前後? スイス製? 9石
金彩ガンメタルケース
リューズ捲き ダボ押し時合わせ
表裏蓋嵌込式 中蓋ガラス



 COMETと文字盤にある金彩ガンメタルケース懐中です。製造年は1890年時計史年表:明治23年)前後のものかと思います(推測)。「ガンメタル+金彩」という外装は腐食し易い為に現存数が少なく、複雑な意匠となるとほとんど見られないので大変稀少な懐中だと思います。

 漆黒の文字盤に白アラビア文字で時表示とスモセコが、金ドットで分表示が打たれています。文字盤外周の金帯は風防の内側にある為、外側の摩耗した金彩と比べると状態が良く、かなり濃厚な金色が残っています。ケース全体の金彩も当時これくらいの鮮やかさがあったとすれば、相当ゴージャスな外見だったに違いありません。

 そのケース全体の金彩装飾なのですが、ベースがガンメタルという事もありかなり状態が悪いものでした。特に錆がひどく、真っ赤な酸化鉄粉が吹き出していました。さらに金彩の下からも錆や変色があり、金彩そのものが浮き上がって指で擦ると剥落してしまう状態でした。

 稀少な懐中を遺す事は出来ないか?とダメモトで色々と調査・試行錯誤の結果、この錆を除去・清掃し、錆止めを施して、金彩を定着する事に何とか成功しました。その試行錯誤の様子は「特記」にて。


■ 外観 ■

白・黒・金の対比が見事です。

リューズ部分は商館時計のタイプです。

 裏蓋拡大。錆浮きして剥落寸前だった金彩でしたが、何とか定着できました。円と八角での左右対称柄がベースになっています。中央に何かの絵があった様ですね。湖畔に浮かぶヨット?わからなくなってしまってます。


薄い金の透かし絵?の様になっています

中央のデザインは何でしょうか

裏蓋オープン。中蓋も商館の様にガラス製です。

裏蓋内側。「146699」


 機械全景。あまり見ないタイプの形と表面模様のニッケルプレートを持つ機械です。分厚く頑丈でサイズの割に重量があります。シリンダー式ではなく、アンクル式の脱進機です。平置きでの歩度は表面のダメージ外観(清掃前)の割には日差40秒前後と安定しています。丸穴・角穴車の押えが特徴で、丸穴・角穴車と同時にラッチとバネも押さえています。


 刻印 ■

「A・L・G・B」と角穴車のラッチを模したマーク。

「PATENTED CLICK」

16 刻印ではなく浮かせ文字です

16 G

 洗浄・組立 ■

金属板でラッチが折れているのを押さえている様です。組立では樹脂にて固定しました。

リューズ真だけ機械に入れ、ヘッドは最後に取り付けます。

洗浄中。

香箱・2番・3番・4番・ガンギ車を設置

プレート取付け

角穴・丸穴車と押さえを取付け

ザラ回し。スムーズに回ってます。

下テンプ受石を取付け

アンクル部品を

取付けます

テンプ部品を

組立て

取付け。元気よく動き出しました!

文字盤下のダボ押し機構。

文字盤取付け

針を取付け


 このヌメる様な漆黒の文字盤も特徴のひとつです。中央の飾りやスモセコの数字、周囲の金ドットなどは明らかに手書きの仕事です。手作り感の暖かさが伝わってくる懐中です。

■ サイズ・重量 ■

巾 51.33 o

重さ 105.8 g


■ 特記:ケース錆落しと金彩の定着 ■

 ケースの錆掃除と剥落金彩装飾の固定を行いました。こういった懐中は稀少かもしれませんが、このまま何らの手段を講じなければ誰からも相手にされず朽ち果てていく運命である事も確かでした。何とか保存の出来る状態にまでもってこれたのは嬉しい限りです。


元の状態がこれ!ガンメタルケースのいたる所に錆が発生していました。

リューズ周り拡大。酸化鉄粉で持っただけで手が赤くなる程でした。

金彩装飾の真下にも錆が発生。

全体的にもろく金銀が剥落しつつありました

蓋の合わせ目もこの状態です。

ケース自体の腐食も進んでいました。

錆落とし。剥落を押さえるため溶剤も3倍程に希釈します。一発勝負の緊張感(汗)。

浸け過ぎると金彩が浮いてくるので、その場合は錆が残っていてもすぐ上げてやります。

少し浸けただけでこの色です。何をいれてもこういう色になるんでしょうか。

部分的に残ってはいますが地の赤錆はほぼなくなりました。

 「浮いた金彩をケースに定着・固定させる」「表面を透明樹脂のコーティングで覆う」「錆止め効果を持続させる」という一挙三得の薬剤を発見・取り寄せ、噴吹しました。

 凄く便利な薬剤を見つける事が出来たのですが、これにも弱点があり、有機溶剤には弱いとの事ですので、これ以降ケースに関してはベンジン洗浄は避けた方が良いという事になります。触った感触も指に吸付く感じが残ります。

 ガラス質の様な硬くスベスベなコーティングが出来れば理想だったのですが…そこまでのモノは難しかったです。何か良い方法はないものでしょうか。

 さてこの噴吹作業ですが、ケースの内側は一回のみ、表の金彩部分には厚みを持たせる為に乾燥作業を挟みながら3回ほど施しました。一回の吹付けで乾燥換気に1日使いましたのでコーティングだけで3日掛かりましたが、丁度良い効果が得られました。

作業後。樹脂コーティングがテカってます。

金彩が浮いていた部分も落ち付きました。

柄拡大。金彩の表層にコーティング膜が形成され、加えて錆止めの効果も持っています。

コジアケ部分。裏蓋は指爪でも開きます。


(2010.H22.08.015)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍
 
OH