三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
BURLINGTON 14kGF 21J Montgomery ■

メーカー:BURLINGTON / ILLINOIS
1924年 アメリカ製 21石
14k G.F. モンゴメリーダイヤル
リューズ捲上 剣引時合わせ
表裏蓋ねじ込式 中蓋嵌込式



 バーリントン 14kGF 21石懐中です。 1924年時計史年表:大正13)製。14kGFのオープンフェースケースとダブルサンクモンゴメリーダイヤルは大変豪華で、白瀬戸文字盤に黒アラビア数字と濃いブルースチール針との組み合わせは視認性にも優れています。

 前回でもありましたがバーリントンはイリノイ社のレイルロード規格の機械という事で基本スペックが高く、チラネジ&ミーンタイムスクリュー付ブレゲ巻上ヒゲ・ダブルローラー・スワンネック緩急針バイメタル切りテンプ、温度・姿勢差調整、基本17石にアンクルとガンギ車上下に伏石4つが加えられた合計21石が金枠ネジ止めされています。

 14kGF、21石、ブルースチール針、ダブルサンクモンゴメリーダイヤルのバーリントンは巾51mm 99gと存在感もあり、剛性・眺望・高級仕様と三拍子揃った満足度の高い懐中となっています。

 


■ 外観 ■

提輪も「鉄道時計」といった佇まいです。

裏蓋のGFも素晴らしいです。

減りがありますが木と湖?山の意匠彫りです。

裏蓋はねじ込み式です。

裏蓋の内側。

14kGFの刻印。

中蓋は嵌込式になっています。

こちらには14kGFの表示と「BULLDOG」の刻印。


 機械全景。1920年代の機械は表面仕上げのストライプがすっきりしていますが、次の画像では角度によってこの間隔が細くなって見えます。このへんが凝っていますね。イリノイ往年の豪華さを保った機械で非常に見応えがあります。角穴・丸穴車に錆がなく、エッジに面取りの丸みがあるので柔らかく落ち着いた印象を受けます。またテンプ下に「BURLINGTON」のメーカー名があるのも特徴です。ケース蓋のねじ込みに少々クセがありますが、最後までしっかり閉まります。


 刻印・他 ■

BURLINGTON WATCH Co. OHIO
DOUBLE ROLLER

21 JEWELS ADJUSTED TO TEMPERATURE
& POSITIONS 4318768

 洗浄・組立 ■

分解中。各部品の状態は良好。

洗浄中。微小な穴石やネジが混ざらない様に。

ケースや中蓋を磨く。右側から磨いてます。

香箱、2・3番車、リューズ部品を設置

押さえを取付。

角・丸穴車を取付。

押さえ側の伏石を取り付けます。

これはガンギ車の押さえ石。注油も済ませます。

プレート側の各伏石を、

取付。飛ばさないように!確実に作業します。

4番車・ガンギ車を設置

押さえを取付。

アンクルの伏石も

取付、注油も先に行います。

ザラ回しを確認後、

アンクル部品を取付け。

テンプ部品を

組み立てます。

テンプ取付。元気よく動き出しました!

鉄道時計仕様はテンワの動きが凄いです。

アンクル爪石注油穴とは別に剣側の確認穴が。

私が大好きな筒カナの形状。メンテしやすい。

剣引部品、及び筒カナを取付。

筒車等も取付。

文字盤と

針を取り付けます。

文字盤拡大。ダブルサンク モンゴメリーダイヤルと深い色合いのブルースチール針の組み合わせは見やすくて豪華。11時付近に日焼?による修復痕があります。

Bの字に特徴のあるバーリントン標示。

分数が読みやすい。

6時位置にも分数標示。

ケース刻印。5077574。



■ サイズ・重量 ■

巾 51.87 o

重さ 99.3 g

(2010.H22.11.24)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍