三銘堂TOP  時計画像 OH手順表 作業道具 覚え書 HPの記述 画像掲示板 直売 LINK 書籍

 (「面白かったよポン!」的な応援ボタンです。店主が元気になるという効果があります。)
WALTHAM TEMPUS 10k TWO PLATES
ダイヤルカスタム品


メーカー:Waltham
1918年 アメリカ製 7石
TWO PLATES OF 10ct. GOLD
ハンターケース
リューズ捲き リューズ引き時合わせ
表・中・裏蓋蝶番式 ガラス枠嵌込



 WALTHAMのTEMPUS Dial Customです。シリアルNoから1918年時計史年表:大正7年)製です。巾 51mm 重さ 112g の大型ハンターケース懐中です。

 機械にある「TEMPUS」という銘ですが、これは英国の「トマスラッセル社」発注によるもので、文字盤にある「Flying Wheel」マークはそのロゴになります。「トマスラッセル社」は1930-40年代には懐中時計も作っていて、英国においては「スミス」や「ベンソン」と並ぶ時計メーカーです。

 見ての通り文字盤には仕掛けがなされています(勿論メーカーによる正規の加工品ではありません)。脱進器のアンクル竿の動作をそのままドール竿の動きに利用したもので、時計師さんの手すさびによるものか、ハンドメイドで割と丁寧に作られています。最近では文字盤に描いた手書き絵に、アンクル真からの動作を合わせた物をよく見かけます。裏面に仕掛けのある腕時計(ミッシェル・ジョルダンのアダルトギミック)や、中国土産にある毛沢東のお手振り時計等もそうですね。

 このTEMPUSでは人形を真鍮?で別作し、面取りして柔和なリアル感を出してます。また立体感を残しつつ時計の針に触れない程度には薄く作らなければならないので、それなりに技術も必要な作業です。

 この様な個人の手による遊び心&手作り感溢れるカラクリを施されたアンティーク懐中はあまり見かけませんので大変珍しいのではないか?と思います。手作り一品モノというのがいいですね。銘入りの個体(TEMPUS)を使用しているのも高評価です。

 あまり表立って持ち歩くものではないからか(ハンターケースで隠されているとはいえ)、使用感が少なく時計自体の状態も良いです。元気に稼働しています。


■ 外観 ■

ケースの状態も良好。金着せの輝きも強い。

蓋オープン。赤がピコピコ動いています。

車輪に足が付いた「助走を付けた車輪」マーク。

別角度から。やはり目立ちます。

表蓋の裏側。

この「XX」マークも何か意味があるのでしょうか。

裏蓋。イニシャル入り。

裏蓋オープン。中蓋は無地です。

裏蓋の裏側。太陽・月・星などの色々な刻印があります。

MOON TRADE MARK A.L.D DENNISON
??? CASE Co. LTD,

中蓋オープン。裏側にはかなりの標示が刻印されています。



ENGLISH MAKE GUARANTEED TO BE
MADE OF TWO PLATES 10 Ct GOLD
WITH PLATE OF COMPOSITION BETWEEN
AND TO WEAR 20YEARS 667423 22

 機械全景。機械表面に装飾が入り、状態の良い7石TEMPUSムーブメントが元気良く稼働います。大型で手応えもずっしり重量感があります。
 

別角度ではこんな感じ。眩しいです。

この角度では表面処理模様が浮き出します。

 洗浄・組立 ■

分解時:シール跡が頑固に残ってました。

ドール部もくすんでいますね。

文字盤を外します。

文字盤側の穴。手彫りですね。

赤チン部分はアンクル竿に接続。

真の軸から伸ばすよりは幾分動きが複雑です。

ホゾ穴やドテピンを避けて掘削してあります。

プレート部も見えない所でこの彫飾模様!

分解後。

洗浄中。

かなりくすんだケースを、

徹底的に磨きます。この輝きと質感!

香箱・リューズ部品と、

2・3・4番車を乗せる。

押さえ、丸穴・角穴車取付け。

輪列押さえ取付け。

ザラ回り確認。よく回ってます。

これがアンクルに取り付けられた赤チン。

竿の中間点から垂直に出ています。単調な円弧運動にさせない所が職人のこだわり?

プレート穴から注意深く通します。


アンクル押さえ取付け。

文字盤側から見るとこうなります。

テンプ受石を、

取付け。

テンプを組立て。

巻上ヒゲ+チラネジ付バイメタル切りテンプ。

テンプを取付け。元気良く動き始めました!


可動部の動き。右のアンクル真を中心とした円弧状の動きになります。

文字盤を、

取付けます。

稼働状態はこんな感じですね。

機械の保護枠を嵌めます。

長短針の取付け。ドールに触れないように。

完成!映り込みが艶めかしいですね。

 一見するとドール部自体が細かく作動する手の込んだオートマタか?と思うほど良く出来ていると思います(どうしたって目が行っちゃいますよね)。手作り感&遊び心溢れるアンティーク懐中です。

■ サイズ・重量 ■

巾 51.06 o

重さ 112.3 g

(2012.H24.7.28)


三銘堂TOP

時計画像

OH手順表

作業道具

覚え書

HPの記述

画像掲示板

三銘堂直売

LINK

書籍